常日頃、水を使って手軽に発電できないものかと思っていたら、

なんと、水を注いで発電させることができる
非常用マグネシウム空気電池「マグボックス」というものが
古河電池凸版印刷との共同開発で製品化されたらしいです。

これは、本当に凄い!

開発された「マグボックス」は水や海水を入れるだけで発電して、
USB端子から5ボルトの電気が取れるとのこと。

スマートフォンなら最大30回の充電ができるらしいです。

この「マグボックス」は非常用の使い捨て電池とのことで、
防災グッズとしてすっごい人気が出そうですね。

発売は2014年12月中旬予定で、
価格は1万円ほどになるそう。

その発売が待ち遠しいです。

ところで、水はH2Oからできているので、
水を分解して水素と酸素を取り出し、
それをエネルギーに変換できれば
画期的だと思うのですが、
そういうものはなかなかできないものでしょうか。

もし、できれば、
車などは家でガソリンの代わりに水を補給すればよく、
革命的な発明になりそうです。

しかも、日本の周りは海ですし。