バッファローの無線LAN親機を使っていたのですが、
ファームウェアの更新に失敗し、
無線LAN親機を買い直すことになりました。

最初は使えなくなったバッファローの無線LAN親機を
修理しようと思ったのですが、

サポートに問い合わせると、
修理代の方が新規に購入するより高くなることが判明。

なので、新しい無線LANを買うことにしました。

くれぐれもファームウェアの更新にはご注意を!

初めは同じバッファローの無線LAN親機を買おうかと思いましたが、

新規に買うとしても同じメーカーのを買うのは
ちょっと悔しかったので、

コスパが良かったIODATA WN-G300R2を購入しました。

我が家では100MGの光を使っているので、
このWN-G300R2で十分との判断です。

実際、WN-G300R2は問題なく使えるのですが、

たまに制限付きアクセスになることがあり、
インターネットに接続できないことがときどきありました。

その現象は2台以上のPCやプリンターを使っている時に起きるようで

ごくたまに重複したIPアドレスがネットワーク上にあります
のようなメッセージが出ることがあり、

ひょっとしたら何らかの原因で無線LAN親機に接続している機器の
IPアドレスが重複することがあって、

制限付きアクセスになるのかもしれないと思いました。

そこで、WN-G300R2に接続する機器のIPアドレスを固定してみました。

そうすると、制限付きアクセスになる現象が起きなくなった感じです。

とりあえず、これでしばらく様子見をしてみようと思います。

もし、制限付きアクセスになる現象が起きているならば、
IPアドレスの重複も疑ってみて下さい。

もちろん、制限付きアクセスになるのは、
IPアドレスの重複以外の原因もあるとは思いますので、

思い当たる原因を1つ1つつぶしていくしかないですね。