株は難しいというイメージがありますが,

それは買った直後に下がったらどうしよう,
という恐怖感があるからでしょう。

確かに,実際に株を買ったりしていると,
株はなぜか買った直後に下がるような気がします。

まあ,下がるような気がするだけで,
実際は下がっていないこともありますが,

なぜか下がるイメージがあります。

株で利益を上げ続けるにはそのようなイメージを
持たないようにするのが一番です。

株は買ったら,上がるか,下がるかのどちらかしかないのですから,
下がったら,下がったでそういうものだと思うのがよいでしょう。

ただ,実際問題,下がってしまったら,どうするか,
それをあらかじめ決めておくことが重要です。

株取引で利益を上げ続けるにはシステマティックに
自分の売買ルールを決めて実行に移すのがよいです。

特に,株価が下がったときにはしっかりとロスカットを行うこと,

これがとても大切です。

なかなかロスカットができずに,ずるずると株価が下がり続け,
にっちもさっちもいかなくなり,貴重な資金が塩漬けになってしまいます。

自分の買った株の株価が自分の思ったイメージ通りにならないときは,
しっかりとロスカットをしましょう。

そして,ロスカットをした直後に株価が上がっても
それは結果論ですから,くよくよしないことです。

ただ,そうは言っても株を始めた頃は,
なかなかロスカットできないものです。

そのようなときは,株の売買の損得勘定を常にしておき,

プラスであれば,そのプラスの範囲以内で
早めにロスカットをすれば,いいかもしれません。

つまり,ロスカットをしても損得勘定は
マイナスにはなりませんから。

では,最初に買った株が下がったときはどうするかですが,

そのようなときは,自分で決めたルールに従いロスカットをするか,

株価が上がるまでしばらく待つかのどちらかですね。

そもそも初めて株を買う時は,
株価が順調に上がっていっている銘柄を選ぶのがよいです。

最初から大きな利益を狙わずに,
まずは株売買のコツをつかむのが先決だと思います。

そのために,少額からの取引をおすすめします。