最初,初めて株に興味を持ったのは
NISAという制度が今年から始まったことでした。

このニーサという制度をいろいろと調べるうちに
これは利用しないと損だと思うようになり,
急いでニーサの口座開設を申請したのですが,
未だに開設されません。

早く開設して欲しいのに…。

私が株に興味を持ったきっかけはNISAですが,

ニーサに興味を持ったちょうどそのとき,
銀行の預金の利率を調べていたところで,
銀行に100万円を1年間預けたとして
利率の良い定期でも1年間で3000円ほどしか
利子がつかないという事実でした。

もちろん,その間その100万円は他の目的に使えませんし,
利子からは税金が引かれてしまいます。

そう考えると,それで本当によいのだろうかと思うようになりました。

そこで,同じ100万円を株取引で運用してみると,
どうなるのだろうかと考え始めました。

株の売買にはリスクがつきものですが,
1年間株の売買をしてその途中経過はさておき,
結果として利益が3000円以上つけば,
銀行に1年間預けるよりかは得したことになります。

ニーサの口座での運用であれば,非課税ですから,
税金も取られません。

しかも,100万円を常に株式にしておく必要がないため,
うまく運用すれば,他の目的にも利用できる可能性があります。

もちろん,購入した株式の企業が倒産などをすれば,
その株式は紙切れになってしまうリスクはありますが,

そのようなリスクを極力避ける努力をして運用すれば,
それなりの運用益をあげれるのではないかと思いました。

しかも,株には売買益だけでなく,
株数に応じた配当や株主優待がありますので,
それも銀行に預けていては得られないものです。

このように考えると,株取引は上手に行えば
とてもお得な資金運用に思えます。

しかし,ここで注意が必要なのは,
株は購入した瞬間から株価が上がるか,下がるかのどちらかです。

もちろん,現状維持というのもありはしますが,
基本的には上がるか,下がるかの二択です。

そのため,株価が下がると気分が良いものではありませんが,

それには一喜一憂せずに株価の推移を冷静に判断する必要があります。

1年間の運用の結果,プラスになっていれば,良し
というくらいの感覚で株取引を行うのがよいでしょう。

それには冷静な利益確定と,損切りを的確に行うことです。

株価が下がると,なかなか損切り出来ず,そのまま保持し,
そのまま株価が下がり続けることもあります。

そうなると,1年たってももとにもどらない可能性もあります。

あくまでも可能性ですが,そうなる前に早めにロスカットし,
その資金を別の株購入に回せば,その損失を取り戻すことも可能です。

要は資金を塩漬けにしないで,いかに効率よく運用するかです。

そのためには,利益確定はプラス20%で,損切りはマイナス10%で
というような自分なりのルールを決めておき,

あとは,そのルールに従い充実に行動をするとよいでしょう。

購入した株価の動きが自分の思ったようなシナリオでない場合は,
早々手放すことを考えてもよいかもしれません。

いずれにしましても,感情をうまくコントロールし,
株取引をするということです。

あと,株取引に使う資金はどこまでも余裕資金で行い,
決して生活のための資金に手を出してはいけません。

その点だけはくれぐれも注意が必要です。