私は紙の本が好きなのですが、
コミックは電子書籍で読むことがあります。

もちろん、コミックも紙で読む方が断然いいのですが、
電子書籍サイトで無料で1巻丸々読めるコミックを見つけると
ついつい0円で購入して読んだりしています。

面白いのは、0円でもちゃんと購入手続きがあることです。

0円でも購入なんですね、不思議な感じですが。

さて、実際に電子書籍で漫画を読んでみると、
いろいろと気付くことがあります。

まず、電子書籍だといくら購入しても
紙のように物理的な場所を取らないのがいいですね。

それに、電子情報なので、何冊でも持ち歩けます。

この手軽さは、かなりのメリットです。

反対に、デメリットは、
電子書籍サイトごとに電子書籍の読み方が異なることです。

例えば、ネット上でしか読むことができなかったりすると、
これはかなり不便です。

なぜなら、購入したにもかかわらず、
ネット環境にないと読めないわけですから。

また、オフラインでも読むことができるように
パソコンやタブレットなどに電子書籍をダウンロードする場合でも
ダウンロードできる期間が決まっていたりすると、

それもかなり不便です。

というのは、パソコンのような電子書籍を読む端末は
いずれ買い替えることになるでしょうから、

そのとき、購入した電子書籍のダウンロード期間が過ぎていれば、
また購入しない限り新しい端末で読むことができないことになります。

そして、漫画を読む時は、大きめの端末でないと
読むのがつらい感じがしますね。

あと、紙のように物理的にどのくらいのページ数があり、
今どのくらいまで読んでいるのかが電子書籍だと
よく分からないですね。

電子書籍を読むイメージは、
1枚の紙からできた本を読んでいる感じで、
厚さのある本を読んでいる気がしないことです。

このように、電子書籍にはメリットとデメリットがありますので、
その点を踏まえて購入したいですね。

ちなみに、私は情報を得るためだけに読む本は
電子書籍で読む方がいいですね。

逆に、小説のような読むのが楽しい本は、
じっくりと紙の本で味わいながら読むのが好きです。