ホームページやブログを運営していると、

どのくらいのアクセスがあるのか、
どのような検索キーワードで訪問者が来ているのか、

とても気になりますよね。

そのようなとき、大活躍してくれるのがアクセス解析です。

アクセス解析にはいろいろなものがあり、
どれを使えばよいのか、とても迷うところです。

有名なアクセス解析としては、

グーグル アナリティクス、Piwik、i2iアクセス解析、
fc2アクセス解析、忍者アクセス解析、QLOOKアクセス解析などがありますが、

それぞれに一長一短があります。

この中でグーグル アナリティクスは高機能のアクセス解析ができ、
広告も出ませんので

おすすめのアクセス解析の1つです。

ただ、アクセス解析のデータをグーグル側が保持しますので、
それを嫌う場合や

リアルタイムでアクセスを把握できない点が惜しいです。

無料で使えるi2iや忍者のアクセス解析も人気がありますが、
広告が出ますので、

広告を嫌う場合はおすすめしません。

無料で広告が出ないアクセス解析なら、
QLOOKアクセス解析がおすすめですが、

無料で使うには機能制限がかかり、
アクセス解析したデータの保持期間が短かったりします。

なので、私はグーグル アナリティクスと同等の機能を持つ
Piwikというフリーソフトを使っています。

Piwikは無料で使うことができ、広告も出ず、
かなり高機能なアクセス解析ができます。

しかも、アクセス解析したデータは自分で保持しますので、

解析データを他人に見られる心配がありません。

ただ、データを自分で管理することになりますので、

自分が使っているサーバーの容量を
アクセス解析のデータが占有していくことになります。

なので、必要なデータはダウンロードするなりして
定期的に解析データをサーバー上から削除する必要があります。

どのくらいの頻度で削除する必要があるのかについては、

日々のアクセス解析のデータ量とサーバーの容量などとの
兼ね合いがありますので

ケースバイケースで判断するしかありません。

しかし、その点を考慮しても

強力なアクセス解析を行うことができ、
複数サイトも簡単に管理できますので、
とてもおすすめのアクセス解析と言えます。

Piwikは無料で使えるフリーソフトですので、
一度使ってみるとよいと思います。