囲碁で逆ヨセが両後手の2倍の価値と言われるのはなぜ?

igo3a囲碁で勝つためには避けて通れないのが
ヨセの問題です。

ヨセはプロやアマ高段者であれば、
その手の大きさを正確に判断できると思うのですが、

私のようなレベルだと、
簡単なヨセならヨセの大きさを計算できますが、

ちょっと複雑なヨセだと、
おおよその大きさで打っています。

まあ、楽しみで打っているのだから、
それくらいでいいかなと思っていますが、

本当に強くなりたいのであれば、
常に正確にヨセの大きさを出す必要があるでしょう。

いずれその域に達したいとは思いますが、
その道のりは遠そうです。

さて、囲碁のヨセの中で逆ヨセという考え方があります。

普通、逆ヨセは両後手の2倍の価値があると言われるのですが、
その理由がよく分かりませんでした。

単純に考えるならば、逆ヨセは相手が先手で決められるところを
先に自分が後手で決めることにより、

相手の「先手ヨセ⇒次のヨセ」という約束された一連の流れを断つことに
その意義があるわけです。

そして、逆ヨセを打つタイミングは、おおよそ、
相手が「先手ヨセ⇒次のヨセ」と2ヵ所打った時の価値より
大きい時に打つのだと思いますので、

それが後手ヨセの2倍にほぼなるということなのでしょう。

ただ、そう考えると、いつも2倍とは言えなさそうですが、
だいたい2倍になるということなのだと思います。

ところで、逆ヨセの相手が「先手ヨセ⇒次のヨセ」とよせる際に
「次のヨセ」が後手ヨセしかなかったら、どうなるのか。

そのような場合だと、

逆ヨセ=後手ヨセの2倍

とは言えないときがありそうです。

このようなことを考えていると、
逆ヨセを打つタイミングというのは本当に難しいですね。