私はロックはほとんど聞かないのですが、
デーモン小暮の歌だけは例外です。

特に、「蝋人形の館」は私のお気に入りの1つです。

デーモン小暮の魅力は何と言っても
あの抜群の歌唱力と彼独特の舞台でのパフォーマンスです。

さらに、他人の歌でも聖飢魔Ⅱ風にアレンジするのが
これまたすごい!の一言です。

デーモン小暮が歌っている
荻野目洋子のダンシングヒーローなんか、
ちょっと感動ものです。

デーモン小暮が歌うと
こんなにアレンジされてしまうんですね。

私にもデーモン小暮のような歌唱力があればと思うのですが、
努力してどうにかなるレベルではなさそうです。

だからこそ、デーモン閣下はプロなんだなあ、
と思うばかりです。

ただ、デーモン閣下と言えども
人知れず努力をしているのでしょうから
私にできることでひたすら努力をしようと思います。