新しいテレビ番組が始まると、何かと視聴率の話題が出て来ます。

視聴率が良ければ、それだけ広告効果がありますし、
悪ければ、その番組に広告を出す意味がなくなります。

番組の内容の良しあしだけでなく、テレビ局の営業的な問題も大きいので、
視聴率が話題になるのは当然と言えば、当然なのでしょう。

しかし、いくら番組内容がよくても視聴率がよくないこともありますし、
視聴率至上主義みたいな考え方もどうかと思います。

最近はドラマなどを録画してみることも多く、
視聴率以上にその番組を見ている人も多いと思われます。

しかし、テレビ局や視聴率を調査する会社はオンタイムでの視聴率にこだわります。

録画して番組を見ると、広告部分を飛ばしてみることが多く、
あくまでもオンタイムでの視聴率にこだわりたいのかもしれません。

さらに、視聴率には全数調査をしない限り数%の誤差が生じるにも関わらず、
視聴率の数%の変動に一喜一憂して騒いでいるのを見ると、
こっけいとまでは言わないまでも、なんだかなあと思ってしまいます。

視聴率によって広告を出す出さないや広告費がかなり変わってくるので、
仕方がないことなのかもしれませんが、

テレビ番組の視聴の仕方が多様になっている以上、
広告費の算出の仕方もそろそろ考え直すべきではないかと思います。

実際のところ、視聴率だけを持って広告費が決まっているわけではないでしょうけど。